ばらばらにしましょう。

今日CSSDKチームからパブリックコメントが出てました。すこし、引用してみましょう。
Based on the above, I would like to state that:
●The Creative Suite SDK and CS Extension Builder will continue to be developed and enhanced with new features and support for Creative Suite applications.
●We will make CS Extension Builder available through the Adobe Store at a compelling price point. We want the tool to become broadly available, so that every Creative Suite developer can enjoy its benefits
●We will continue our investigation on new technologies (e.g. HTML5) for extension development and occasionally share our findings with the developer community. We want to be transparent with the community and keep you involved in our planning.
We are firm believers that the CS extensibility story will continue to evolve as it has been doing for several years. Our ongoing goal is to make this story compelling for you by providing best of class development and distribution tools and help you reach as many customers as possible. Ultimately, your success is our success!
と言う具合にひとまず当面エクステンション周りの変更はなくて、このままCSSDKは開発が続けられ、AdobeStoreでの販売も視野に入っているみたいです。やれやれw

続きを読む……

MutationEventというやつは…

Indesignですが、こいつはまともに動きません。おまけに検索しても情報がほとんど出てきません。しかしながら、皆様ご存知の通りOMVにはごっそり記述されています。
と言う事で調べてみたわけです。どうやらDocumentレベルへはインプリメントされているものの、その下層オブジェクトには実装されていないってところが現状のようです。
しかし、まったく使えないかと言うとそうでもなかったりします。

続きを読む……


Illustratorたくさん!!

このところExtensionBuilderいじっています。ExtensionBuilderってエクステンションのテストを行う時にアプリケーションを勝手に起動してくれるのですが、どうやらモノによっては複数のインスタンスを起動出来るようです。
例えばIllustratorですが、既に起動して編集作業を行っている状態でも新しいインスタンスを起動して都合2本のIllustratorが動作している状態になります。もちろんライセンスは1本ですから何らかの「奥の手」があるのでしょう。
と言うわけで、FlushBuilderに出来て人間に出来ない事はないだろうと思うわたしは探してみました。

続きを読む……


pathをひっくり返す

ここに来てなかなかの多忙状態です。暑さでばて気味の体には少々きつかったりします。
話は全く関係ないのですが、帰宅すると娘が両腕をふりまわしながらおかえり〜と言いつつ突撃してきます。微笑ましい光景の様にも見えますが、問題は彼女の振り回す腕の位置です。絶妙にわたしの股間にフィットします。油断すると大変な事になります。まあ、数回やられているのですが…結構恐怖です。
このところActionScriptばかりだったのでちょっとExtendScriptねたで。しかしながら、超がつく小ネタです。
Illustratorなのですが、線分に設定した矢印を反転させたかったのです。でも、なんだかプロパティが見つかりません。これは困りました。どうしようかと思案した結果の力技です。

続きを読む……


styleインポートについて

なんとなく梅雨が明けたような感じの天気が続いています。ですから海へ行こうかと思うのです。浮き輪にサンオイル用意して、もちろん砂場セットも忘れずに。でもビーチボールは風が強いと飛んでいっちゃうから気をつけて。と色々と妄想しているわけです。
取りあえずそれはそれで良いのですが、わたしの居住地域ってのもばりばりの地方都市な訳でして、ネット覗いていたりするとDTPなんとかとかのとっても素敵な勉強会と言うのが色々あるようで興味津々なのです。しかしながら、仕事終わって移動してって間に合う訳ありませんし、お休み頂いてまで参加というのもなかなか踏ん切りが付かないものです。でも、本当に一度で良いから参加してみたいです。まあ、交通費もばかになりませんが…
どうでも良い事ばかり並べていますが、今回は内容がとっても薄いからです。表題のごとくスタイルのインポート処理に関してIllustratorとIndesignの比較考察です。

続きを読む……


performanceMetricで状態監視

先日menuActionとかいじっててサブメニュー山ほど追加して削除がめんどくさくなったので

app.menus.item(“$ID/Main”).submenus.everyItem().remove();

なんてことしちゃいました。ええ、笑うしかありません。気分的には草で画面全体をうめてしまいたいぐらいです。
きっとこの気持ちはやった人にしか分からないでしょうwww
それでもショートカットは使える所がよけいにおかしいですwww
二度としないと思うので記念にスクショも取りました。ついでですのでご覧下さい。

missing_menus.png

まあ、それは置いておいて、先日規模の大きいドキュメント向けに書いたscriptのパフォーマンスが出なくて困ってしまいました。ヒットカウントチェックしても正常ですし、これといって思い当たるコードも無いのでどうしようかと考え込んでしまいました。
少し調べてみるとJavascriptからIndesignの内部情報にアクセスする手だてがあるじゃないですか。

続きを読む……