InDesignCCさんのOMV

 

みなさま、あと一ヶ月となってしまいました2023年ですが、ご自宅のお掃除は進められていますか?
わたしは休みごとに少しずつ進めておりますので年末までにはすべて完了予定となっています。このところ少し暖かいので外回りをやりましたが、お風呂まわりとかも結構手間なので放置しないよう注意が必要です。あと換気扇とかも……結構残ってますねぇ…

ということで、今回はInDesignにOMV喰わせてスクリプトでパースした代物をお届けしておきます。VSCodeプラグインがver.2になってスクリプトのデバッグが結構楽になりましたが、ObjectModelViewerが無いので調べ物が不便なんで作ったわけです。

続きを読む……


BridgeCCでIllustratorファイルの配置情報を参照する

先日BridgeCC上でファイル名のカタカナを変換可能なスクリプトの記事を投げ込んだのは見ていただきましたでしょうか?
まだ見ていない人は遡ってご確認いただければと思いますです。
で、ですね…今回はIllustratorファイルに含まれるリンク情報を開かずに取り出せるものをお届けしようと思った次第です。まあ、開いてパッケージしちゃえばええやん???って思った人、正解です。

でもね、開かずにリンク情報だけ確認できると手っ取り早い事も多々あるわけです。
そんな時、このスクリプトが役に立つのです。

続きを読む……


Swatchのカラー値

なんか今頃になってIllustratorのPantoneスウォッチ削除問題がおおさわぎになっているみたいですけど、かなり前からアナウンスされていたのは知らなかったのか、気にしていなかったのか…

それはいいのですが、わたしも頻度的にPantoneにお布施をするほどではないのでさらさら課金する気はありませんが、そういってもカラー値ぐらいは後で調べられるようになっておこうかなって今更思ったしだいです。

で、スクリプトでそのあたりをなんとかしてみようかと…… 続きを読む……


InDesign、idleTaskの見本

InDesignではタスクを一定時間待った後に実行するというクラスが存在します。これを再帰的に回し続けることで一定時間ごとに同じ処理を繰り返し行う事ができます。
これはアプリケーションの状態監視に利用できる手法であり、通常のイベント処理関連ではカバーできない範囲の処理を一定時間毎にドキュメントの状態を監視することでイベントによるトリガを擬似的に実現します。
今回はルビ処理の為のScriptUIを利用したヘルパースクリプトをサンプルに解説します。

※この記事は以前AdobeForumに提供していたものですが、システム変更時に「自動処理総合フォーラム」諸共破棄された記事を再編集したものです。

続きを読む……


ScriptShortTips、テキストフレームの変形を戻すスクリプト

ちょっと忙しくなるとスクリプト触りたくなってくるのはいつもの事なので、色々と発掘しているのです。

こちらは過去の投稿のリファイン版になります。

何をするかというと、テキストの回転やシアー、リフレクトといった変形をもとに戻すものです。

続きを読む……


DTP屋さんの為のJavaScriptショートTips.2

時間の流れというのは本当に侮れません。とうとう連休が来てしまったようです。といいつつも、わたしはカレンダー通りに勤労致しておる次第でございます。皆様に置かれましては7連休以上の方もいらっしゃると存じます。そういう方もお休みのひとときに頭の体操がてらスクリプトを書いてみるのも良いのではないでしょうか。
ということで、今回もJavaScriptの基本的な部分について書いておこうと思います。

続きを読む……