ExtendScript用エディタ・エクステンション

あけおめどぞよろという事で平成最後となりましたが、この30年ちょいという期間はほとんどをAdobe社と歩んで来たという印象です。良いんだか悪いんだか自分でもよく分かりませんw
後半の方はひたすら自分が面白いと思う方向へ全力で傾倒して行ったような気がします。そしてしびれを切らした某社が反応せずにはいられなくなったという事なんだと思います。
2019年はいろんな意味で節目を迎える年であり、これより変革へと突き進む激動の時期へと移行します。
まず大きな変化はExtendScriptを取り巻く環境の変化から始まります。昨年末のESTKのトラブルからデベロッパー・エコシステムチームの公式の声明よりESTKの開発停止の報が流れました。それに伴い新しい編集・デバッグ環境についても情報が流れました。
そんなこんなで第1四半期は情報待ちです。みなさまにおかれましてもまずはVS Codeに慣れるように今から準備していただきたいと思います。

さて、そうこう言いましても現状ではESTK等を利用する他ありません。しかし、そこら辺を放置したままというのも片手落ちですから重い腰を上げてエクステンションを用意しました。と言いつつも以前適当に作ったやつの更新なのですがw
以下のリンクよりzxpファイルをダウンロードしてください。

https://drive.google.com/file/d/0B8WPQj-WNG_TbV9zblJGVUpPWDA/view?usp=sharing

インストールにはあなすたしーずえくすてんしょんまねーじゃーが便利かと思います。しかしながら、7z形式の圧縮ファイルですから解凍した上でExtensionsフォルダーに投入してもOKです。
キーマップはvimです。ご注意を(^o^)/


[CEP] JSXファイルの動的読み込み

 
CEPエクステンションのデバッグにはCEF Clientを利用すると便利だという話は以前書きました。(https://forums.adobe.com/community/international_forums/japanese/automation/blog/2018/01/25/cefclientによるエクステンションのリモートデバッグ
このクライアントを利用すればCEP側のJavaScriptは実際にアプリケーション上で動作させ、適宜修正を加えながら再読込し動作を確認することが出来ます。しかし、この再読込出来るのはCEP側だけです。ExtendScript側は再読込することが出来ません。
日頃「アプリケーション側のロジックはエクステンションに組み込む前にESTK等を利用して完全にデバッグを済ませておく」という趣旨の事は口を酸っぱくして言い続けているわけで、わたしのブログをご覧になっている方々はきっと何度も目にしていることだと思います。しかしながら、ExtendScript側もデバッグ時に「あの部分をちょっとだけ変えてみたい…」といった事が少なからず起こってきます。そういった場合においても、いちいちアプリケーションから立ち上げ直すと言った作業を強いられながらデバッグを進めるというのも精神衛生上如何なものかとも思います。
今回はそういったケースでもExtendScript側のロジックを再読込出来る手法を解説します。
 
続きを読む……