[AI]スクリプトからのエフェクト操作

今回の投稿はクリスマスシーズンに入りましたので、DTPアドベントカレンダーへの投稿として簡単にまとめてみました。
これから年末にかけて多忙な日が続くとは思いますが、皆様が健康にクリスマス〜新年を迎えられますように(^-^)/
 
さて、IllustratorのスクリプトではapplyEffectというメソッドが存在します。これはIllustratorの効果メニューの各項目をスクリプトから適用するためのメソッドです。これに関しては
 
で言及してあります。しかし、この記事にも限界があります。FXG形式の書き出しはCS6以降では廃止された為、それ以降に実装された効果に関しては引数であるXMLを組み立てるためのパラメータがわからないのです。
ということで様々な方たちが色々なところを掘り返してパラメータを調べ始めました。以降でまとめられる手法は上海のスクリプターmoluappleがまとめたものを解説したものです。
 
 
 

コンテンツリカバリーモードを設定する

以下のスクリプトをIllustratorで1回実行し、コンテンツリカバリーモードを設定する。(on/offトグル動作なのでもう一度実行するとリカバリモードを抜ける)
 
app.preferences.setBooleanPreference("aiFileFormat/enableContentRecovery",
!app.preferences.getBooleanPreference("aiFileFormat/enableContentRecovery"));
 
 

Illustrator書類をテキストエディタで開けるようにする

効果をかけたオブジェクトを含むファイルを予め作成しておき、そのファイルをコンテンツリカバリモードで保存します。
 
  1. Illustrator上でファイルを開くダイアログを表示。(まだファイルを開いてはいけません)
  2. 対象ファイルを選択した状態で「Command + Option + Shift(Mac)」「Ctrl + Alt + Shift (Windows)」をプレスしたまま開くボタンをクリックする。
  3. 空のドキュメントが開いた状態で対象ファイルが開かれるのでそのまま閉じる。
 
以上の手順で対象ファイルと同一のフォルダに頭に「_」が付いたファイルが保存されています。
このファイルをテキストエディタで開いて以下の正規表現で検索します。
「BasicFilter\s:\n\((.+?)\)\s1\s0\s\/Filter」
 
以下は「角を丸くする…」の記述部分がヒットしたものです。
/BasicFilter :
(Adobe Round Corners) 1 0 /Filter ,
1 /Visible ,
(Adobe Illustrator.app) /PluginFileName ,
(\212p\202\360\212\333\202\255\202\267\202\351) /Title ,
/Dictionary : /NotRecorded ,
2 /Real (radius) ,←逆ポーランド記法で値とDict名称が書かれている。
/Dict ;
 /Part ,
 
このままではapplyEffectメソッドの引数のXML構造にはなりませんので整形が必要となります。
 
テンプレート
'<LiveEffect name="">'
+'<Dict data="'
+' '
+' I Adobe Effect Expand Before Version 16 " />'
+'</LiveEffect>'
 
上記のテンプレートのDict dataの値として検索でヒットした/Dictのパラメータを成形加工します。
角を丸くする…コマンドの/Dictは以下に抜き出した1行のみです。
2 /Real (radius) ;
  ↓
R radius 2 //(データ型を表すアルファベット1文字、データ名称、数値の3点をスペース区切りで記述する)
 
上記のパターンで/Dictにエントリされている全てのパラメータを整形します。
データ型は、Real→R、Integer→I、Boolean→Bの3点が存在します。
この例ではDictエントリが1点だけなので最終的なXMLは以下の様になります。
'<LiveEffect name="Adobe Round Corners">'
+'<Dict data="'
+'R radius 2'
+'I Adobe Effect Expand Before Version 16 " />'
+'</LiveEffect>'
 
これを用いてスクリプトを書くと「角を丸くする…」は以下のようなスクリプトになります。
var xmlstring = '<LiveEffect name="Adobe Round Corners">'
+'<Dict data="'
+'R radius 2 '
+'I Adobe Effect Expand Before Version 16 " />'
+'</LiveEffect>';
app.selection[0].applyEffect(xmlstring);
 
エフェクトを検索する作業も楽しいので是非お試し下さい。


ESTKが「#1116」エラーを吐く問題について

これは内部的に利用しているjsxファイルにオーバーフローを生じる変数が存在するために起こるものです。Adobe Deveroper Ecosystemチームが既に原因を特定していて修正手順を公開しています。しかしながら、ESTK自体が既にディスコンなので公式にパッチを当てたバージョンがリリースされるかどうかは微妙なところです。

詳細は自動化総合フォーラムのログである以下のPDFをご確認ください。

ExtendScript Toolkitがエラーを表示して正常に実行できない問題について | Adobe Community
モノグサな方は以下のワンライナーをターミナルで実行して下さい。そうそう、使えるのはデフォルトのインストール位置の場合だけなのでご注意を(^-^)/

sed -i -e 's/604800000/604800/g' /Applications/Adobe ExtendScript Toolkit CC/ExtendScript Toolkit.app/Contents/SharedSupport/Required/cdic/11BTBackend.jsx

AdobeのDeveloper Ecosystemチームはわりと新しい部署なのですが、Ash Ryan率いるメンバーは非常に動きが早くスキルレベルも高いです。
色々と過渡期ではあるのですが、彼らには頑張っていただきたいと思います。

※ものかのせんせーにパッチアプリお願いしました〜(^ー^)・

追記
ものかのセンセーがパッチアプリにしてくれました!
https://m.box.com/shared_item/https%3A%2F%2Fapp.box.com%2Fs%2F71iocxhtq68n4udusorvx2623asobojl

上記から圧縮ファイルをダウンロードし、「RepairESTK-100.tbz2」右クリックメニュー[開く]選択して解凍します。
出てきた「Repair ESTK .app」を選択して右クリックメニュー[開く]を選択します。その後「ExtendScript Toolkit.app」をドラッグ&ドロップして下さい。
環境によってはシステム環境設定のセキュリティとプライバシーのダウンロードしたアプリケーションの実行許可の項目について変更が必要な場合があります。


ExtendScript用OpenCVラッパー

基本的にNoReferenceでのご提供でございます。

こちらは/Library/Framework/に投入。
https://drive.google.com/open?id=1g9yBguBj61pEcO_tTWcNe41tkYllRc3C

以下を解凍すると必要なものが揃っています。
https://drive.google.com/open?id=1me95GKDUjn0BI3nIXsyCYkp6p8s_XPOU
全部同じ階層においておけば動作可能。Frameworkはユニバーサル構成ですから32bitのESTKからも実行可能。ExternalObjectをコールして帰ってくるのは顔のバウンズです。とりあえずjsxファイルの構成を確認してご利用ください。

恐らくOSX10.9以降なら動作するとおもわれます。


[AI]世界一単純な図形交差検出関数

Illustratorに限らずオブジェクトの重なりの判断というのは2次元空間内における座標を取得して曲線ならバーンスタインがどうとかこうとか演算が必須となっております。おそらくみんな泣きながらやればある程度のものは出来るんじゃないかなぁって思うのです。

しかしながら、一言申し添えると「面倒くさい」です。こんなん、手早く書き捨てたいと思うぐらいものなんですけどそうも行かないのが世の常なのです。で、今回はその圧倒的に面倒くさい部分を全てショートカットする仕組みを提供いたします。

続きを読む……

ExtendScriptにおけるDRMの実装

今回は完全にExtendScriptをベースとするデベロッパー向けの内容になります。わたしたちデベロッパーも開発には環境整備から始まりコードを書く時間までそれ相応のコストを負担しています。例えばQR Code Makerでは開発の予備調査からリリースまで20ヶ月近く要し、延べ時間は200時間を余裕で超えるわけです。人月で計算するとわたしが個人で負担したコストは150万円超となります。これは極端な例ですが、ちょっとしたフリースクリプトを配布している方々も大なり小なりコストを負担しています。本来、ある程度の品質を担保する必要がある場合は当然の如く有料化を視野に入れなければならない事なのです。
そこで問題になるのがユーザー認証やコピープロテクション等のDRM関連の技術です。ExtendScriptでは元来こう言った物に対しては考えられてはいません。(jsxbinはコードの隠蔽には有効だがコピーに対しては保護とはならない)しかし、比較的手間のかからない手法で出来ることも幾つか存在します。
今回は基礎的な手法から高度な実装の概要までを紹介します。

続きを読む……

YahooAPIを利用してルビを振るやつ

だいたい8年ぐらい前にやったネタなんですけど、未だに動きます。ここはYahooさんに感謝したいところです。
そんなに長いコードではありませんが、44行目だけ自分でYahooAIPに登録してふりがなAPIを利用するためのアプリケーションIDというのを取得して設定しなければならない仕様になっています。詳しくは以下をご参照ください。

https://developer.yahoo.co.jp/webapi/jlp/

ExtendScriptでのソケット通信のお手本みたいな構成になっていますので、そこら辺の事を重点的に見ていただくと勉強になるかもしれません。
もちろん、総ルビとかで息絶え絶えになりそうなときなんかに役に立ちます。コード自体は以下から取ってきてください。

https://github.com/ten-A/Extend_Script_experimentals/blob/master/group_ruby.jsx

繰り返しになりますが、YahooAPIのアプリケーションIDを書き換えないと動かないのでそこらへんの事にご注意ください。
ちなみに、わたし自身はこれで総ルビ振った後にMonoRubyエクステンションで手を加えていくようなワークフローで処理しています。(^-^)/