カテゴリー
AdobeユーザーコミュニティでおなじみのTenAとイラストレータあい(AI)のDTPとデザインおたすけサイト(^-^)/

preferences keeper (AI preferences 2)

とうとうマルベリーの収穫が始まりました。毎朝ボール抱えて手詰みしますが、やはり毛虫さんもつかんでしまいますw毒は無いようなので気にしてはいませんが、あの独特の感触がwww
で、先日のプレファレンスなのですが、以下の部分訂正しておきます。

インド言語に関するキーがありました。
showAsianTextOptions : Boolean・・・東アジア言語
AI WorldReadiness Dict Key  Boolean インド言語

今回は適当preferenceKeeperってスクリプト付けときますね。

今回は単位から始めます。単位については大半がInteger属性です。特にunit絡みは単位の定義が0〜6の整数となっています。対応は以下のをご覧下さい。

0:inch
1:mm
2:pt
3:pica
4:cm
5:Q/H
6:px

■単位
rulerType : Integer(0-6)・・・一般
strokeUnits : Integer(0-6)・・・線
text/units : Integer(0-6)・・・文字
text/asianunits : Integer(0-6)・・・東アジア言語のオプション
numbersArePoints : Boolean・・・数値のみの入力はポイントを単位とする
artNamesAreXMLIDs : Boolean・・・オブジェクトの識別方法

ここは特記するべき項目はありません。

続いてガイド・グリッドに行ってみましょう。
先に説明しておきますが、カラー絡みのpreferenceはすべてred、green、blueのReal(0.0~1.0)3コセットとなります。(中には鬼子も居るわけですが…)

■ガイド・グリッド
ガイド
Guide/Color/red : Real・・・カラー(各0.0〜1.0)
Guide/Color/green : Real
Guide/Color/blue : Real
Guide/Style : Boolean・・・スタイル(true/破線)
グリッド
Grid/Color/Dark/r : Real・・・カラー((各0.0〜1.0)
Grid/Color/Dark/g : Real
Grid/Color/Dark/b : Real
Grid/Color/Lite/r : Real
Grid/Color/Lite/g : Real
Grid/Color/Lite/b : Real
Grid/Style : Boolean・・・スタイル(true/破線)
Grid/Horizontal/Spacing : Real・・・グリッド間隔(水平)
Grid/Vertical/Spacing : Real・・・グリッド間隔(垂直)
Grid/Horizontal/Ticks : Integer・・・分割数(水平)
Grid/Vertical/Ticks : Integer・・・分割数(垂直)
Grid/Posn : Boolean・・・背面にグリッドを表示
Guide/ShowPixelGrid : Boolean・・・ピクセルグリッドを表示

ガイド・グリッド共にstyleはtrueで破線となります。

■スマートガイド
表示オプション
snapomatic/Color/red : Real・・・カラー(各0.0〜1.0)
snapomatic/Color/green : Real
snapomatic/Color/blue : Real
smartGuides/showAlignmentGuides : Boolean・・・整列ガイド
smartGuides/showObjectHighlighting : Boolean・・・オブジェクトのハイライト表示
smartGuides/showToolGuides : Boolean・・・変形ツール
smartGuides/showConstructionGuides : Boolean・・・コンストラクションガイド
smartGuides/anglesCount : Integer ・・・コンストラクションガイドの数
smartGuides/angles0 : Real
smartGuides/angles1 : Real
smartGuides/angles2 : Real
smartGuides/angles3 : Real
smartGuides/angles4 : Real
smartGuides/angles5 : Real
smartGuides/customAnglesCount : Integer・・・コンストラクションガイドの数(カスタム設定時の数値が保持される)
smartGuides/customAngles0 : Real
smartGuides/customAngles1 : Real
smartGuides/customAngles2 : Real
smartGuides/customAngles3 : Real
smartGuides/customAngles4 : Real
smartGuides/customAngles5 : Real
smartGuides/showLabels : Boolean・・・アンカーとパスのヒント表示
smartGuides/showReadouts : Boolean・・・計測のヒント表示
smartGuides/tolerance : Integer・・・スナップの許容値

anglesは全てRealで単位はdegreeです。基本的にcustomAnglesも同じ数値になります。未設定項目については0.0となり、有効になる設定はanglesCountによります。

■スライス
plugin/AdobeSlicingPlugin/showSliceNumbers : Integer・・・スライス番号を表示
plugin/AdobeSlicingPlugin/feedback/red : Integer(16bit length)・・・線のカラー
plugin/AdobeSlicingPlugin/feedback/green : Integer(16bit length)
plugin/AdobeSlicingPlugin/feedback/blue : Integer(16bit length)

スライスで使用されるカラー設定は16bitの整数となっています。他とは違うので注意が必要です。取りうる範囲は0〜65534となります。

■ハイフネーション
hyphenation/language : Integer(Reverse Order) ・・・言語

■ファイル管理・クリップボード
ファイル
useLowResProxy : Integer ・・・リンクされたEPSに低解像度の表示要画像を使用
DisplayBitmapsAsAntiAliasedPixelPreview : Booelan・・・ピクセルプレビューでビットマップ画像をアンチエイリアス処理した画像として表示
plugin/FileClipboard/linkoptions : Integer・・・リンクを更新
クリップボード
コピー時
plugin/FileClipboard/copySVGCode : Boolean ・・・SVGコードを含める
終了時
plugin/FileClipboard/copyAsPDF : Boolean・・・PDF
plugin/FileClipboard/copyAsAICB : Boolean・・・AICB(透明サポートなし)
plugin/FileClipboard/AICBOption : Boolean・・・パスを保持/アピアランスとオーバープリントを保持

以上の項目は全てチェックボックスですが、一部1bitの整数で扱われる物がある事に注意して下さい。

■ユーザーインターフェース
uiBrightness : Real・・・明るさ
uiCanvasIsWhite : Boolean・・・カンバスカラー
uiPersistDrawers : Boolean(RO) ・・・自動的にアイコンパネル化
uiOpenDocumentsAsTabs : Boolean・・・タブでドキュメントを開く

uiBrightnessは0.0〜1.0の範囲の実数です。あとはBooleanですが、自動的にアイコンパネル化は読み出しのみとなっています。多分バグでしょう。

■ブラックのアピアランス
RGB及びグレースケールデバイス上のブラックの表示オプション
blackPreservation/Onscreen : Integer・・・スクリーン(true=RitchBlack)
blackPreservation/Export : Integer・・・プリント/書き出し(true=RitchBlack)

blackPreservationは基準がリッチブラックとなります。

クラウドまわりとプラグイン等に関しては今回解説しません。
最後に、これら初期設定値をバックアップ/リストア出来る強力なスクリプトを置いておきましょう。Illustoratorのアプリケーションフォルダ内の「プリセット/ja_JP/スクリプト/」以下の階層に解凍した物を入れておきましょう。AIからはスクリプトメニューより可能になります。

コメントを残す

Translate »