カテゴリー
AdobeユーザーコミュニティでおなじみのTenAとイラストレータあい(AI)のDTPとデザインおたすけサイト(^-^)/

PNGファイルの情報を読み出すツール

データを取り回しているときに単純なファイル情報を取得して利用したくなる場合が多くあります。例えば画像の縦横のピクセル数とかカラーモードとかとか…
もちろんXMPとか参照したりPSにて調べたりというものありなのですが、もっと簡単にできれば便利じゃないかな???
って思いました。で、出来たのがJPGToolとかいうやつです。こちらはJPGファイルの基本的な情報をバイナリ検索して抽出するものでした。ぐぐればすぐに見つかるので見てみるのも良いでしょう。
しかし今回、なんでPNG見れないんだっ?てなって急遽PNGの情報を抜き出すやつを書きました。

var pngtool = {
 precision : 0,
 components : 0,
 width : 0,
 height : 0,
 bitdepth : 0,
 colortype : 0,
 compression : 0,
 interlace : 0,
 file : {},
 hdrCheck : function(){
 var flag = true;
 this.file.encoding = 'BINARY';
 if (!this.file.open('r')) return false;
 //this.file.seek(0);
 if (this.readByte()!=0x89) flag = false;
 var sig = "";
 for (var i=0;i<3;i++) sig += this.file.readch();
 if (sig!="PNG") flag = false;
 if (this.readByte()!=0x0d) flag = false;
 if (this.readByte()!=0x0a) flag = false;
 if (this.readByte()!=0x1a) flag = false;
 if (this.readByte()!=0x0a) flag = false;
 if (!flag) {
 this.file.close();
 return false;
 }
 return true;
 },
 getIHDR : function(){
 var sz = this.readUShort() << 16 + this.readUShort();
 var sig = "";
 for (var i=0;i<4;i++) sig += this.file.readch();
 if (sig!="IHDR") return false;
 this.width = this.readUShort() * 65535 + this.readUShort();
 this.height = this.readUShort() *65535 + this.readUShort();
 this.bitdepth = this.readByte();
 this.colortype = this.readByte();
 this.compression = this.readByte();
 this.interlace = this.readByte();
 return true;
 },
 readByte : function(){
 return this.file.readch().charCodeAt(0);
 },
 readUShort : function(){
 var result = this.file.readch().charCodeAt(0) * 256;
 result += this.file.readch().charCodeAt(0);
 return result;
 },
 ctype: ["Grayscale","","RGB","Indexed color","Grayscale+Alpha","","RGB+Alpha"]
 }


pngtool.file = File.openDialog ("select PNG File.","*.png");
if (pngtool.hdrCheck()){
 if (pngtool.getIHDR()){
 var tx = pngtool.file.displayName+"\nwidth = " + pngtool.width + " px\n";
 tx += "height = " + pngtool.height + " px\n";
 tx += "bitDepth = " + pngtool.bitdepth + " bit\n";
 tx += "colorType = " + pngtool.ctype[pngtool.colortype] + "\n";
 tx += "compression = " + pngtool.compression + "\n";
 tx += "interlace = " + pngtool.interlace + "\n";
 alert (tx);
 }
 else pngtool.file.close();
 }

PNGの場合は頭から情報が並んでるのですごく単純ですね。本当は頭から16byteすっ飛ばしてwidthにアクセスしても良いぐらいなのですが、此処はきちんとお作法通りヘッダから順番にお上品に読み込んでおこうと思ったのでこうなっています。
ヘッダを読み込んでPNGファイルとして正しいものなら続く必須チャンクであるIHDRチャンクを読み込むという流れになっております。
な〜んも特殊なことをしてませんので解説はしません。動作もESTKから走らせると分かるでしょうw

gitからダウンロードできます(^-^)/

https://github.com/ten-A/Extend_Script_experimentals/blob/master/pngtool.jsx

コメントを残す

Translate »