【Illustrator】 Uservoiceに報告が挙がっているものについて

2022年もとうとう最後のクォーターに突入してしまったわけですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。Maxリリース直前ですが、Illustratorの積み残した問題について少々解説しておきたいと思います。これから列挙する内容は長く是正されていないものも含まれています。例年を鑑みると、恐らくMaxリリース後年内には早々にアップデータがリリースされるかと思います。今の時点でこれらに投票したとしてもそこでの改善は望めないかもしれませんが確実に直していただきたいものばかりです。
皆様におかれましても、内容をご確認の上、重要だと感じられたら投票をお願いいたします。


ファイル保存時のオプションダイアログの位置が保持されない

という事で、まずはVer.26.5で出てきた保存ダイアログが移動する件です。
これはmacOSでの問題で、保存時のオプションダイアログウインドウが開くたびに左側へ移動してしまうというなんとも鬱陶しいものです。対処方法としては、その都度「動いたダイアログウインドウをマウスポインタでつまんで移動する」です。

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45656506-ファイル保存時のオプションダイアログの位置が保持されない-save-dialog-gets-shif

これに関連して、PDF配置時のオプションダイアログウインドウも保存の度に動きます。その他、配置画像の差し替え時のオプションダイアログウインドウ等の表示位置もおかしいです。という事でオプションダイアログが全滅なのかもしれませんね。

 

ヒストリー項目が正しく表示されない

つづいて、ver.26.5で実装されたヒストリーパネルの問題です。Twitterなんかでも騒いだのでご存知の方も多くいらっしゃるかもしれません。色々な処理がヒストリーパネル上で「取り消し」と表示されて何のヒストリーなのか全然わからないといった問題です。

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45506272-ヒストリー項目が正しく表示されない

なお、段落パネルの行揃えの変更などは「書式変更+取り消し」と表示されて何処に戻ればよいのか分からなくなります。


ちなみに、こちらの作業中は取り消しを全く行っていません。こちらのものは早いうちから報告を上げているのですが、いまだに是正されずに来ちゃってます。

ここからは、以前のリリースからある問題です。わたしが報告したもの以外のものもピックアップしていることにご注意ください。

 

細線に対する線幅プロファイルが正常に適用されない

細線に対して線幅プロファイルの適用はver.25以降表示が崩れることがあります。これは線分の長さと太さに相関関係がありそうです。とまあ、説明されるより以下をご確認ください。

 

場合にっては0.1mmの線幅の違いがプロファイルの崩れを引き起こします。

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45206392-細線に対する線幅プロファイルが正常に適用されない

 

特定の条件でテキストの中窓部が斜線で塗りつぶされる

こちらはある特定の条件下で中窓ぶぶんの描画がおかしくなるものもです。これはフォント・パスオブジェクト共に起きますので知らないうちに引っ掛かりそうで怖いです。
https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/44487858-特定の条件でテキストの中窓部が斜線で塗りつぶされる

 

合成フォント使用時-パス上文字アウトライン後の文字の回転-変形

パス上文字に対して合成フォントを適用している場合、アウトライン化を行うと特定の角度のものがおかしな状態になるというものです。

こちらは、わたしが投稿したものですが、Magentaで着色された部分がアウトライン化するとおかしなサイズ・角度で処理されてしまっているのがわかります。
https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45002401-合成フォント使用時-パス上文字アウトライン後の文字の回転-変形

 

ファイル→書き出しにてJPEGを書き出す際、圧縮方式が選択したものと異なる場合がある

こちらはWindowsだけなんですが、圧縮メソッドである「ベースライン・最適化・プログレッシブ」が選択されたものが正しく反映されないといった問題です。

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/44880652-ファイル-書き出しにてjpegを書き出す際-圧縮方式が選択したものと異なる場合がある

カラープロファイルの一致しないファイルをドロップ配置すると既存オブジェクトのカラー値が変化する

もう、そのまんまなんですが、ドラッグアンドドロップで配置すると痛い目を見るってやつです。
https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/44899369-color-values-of-existing-objects-change-when-image

 

XMPメタデータのヒストリー項目についての改善要望

IllustratorだけMM:historyの追記が非常に貧弱でなんの参考にもならんのでInDesignさんやPhotoshopさん見習って欲しいと要望を上げてます。
https://illustrator.uservoice.com/forums/333657-illustrator-desktop-feature-requests/suggestions/43493253-xmp-meta-data-mm-historyの機能改善

 

テキストをアヒ-アランス分割-アウトラインした際-線の太さか-変わる

こちらはアピアランス絡みの問題なんですが、テキストに対して線幅を設定し変形を適用している場合アピアランスを分割してからアウトライン化を行うと線幅が変形の効果を保持しないというものです。
結構条件的には積み重ねが必要なのですが、不用意に絡んじゃいそうなやつです。
https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/44962363-テキストをアヒ-アランス分割-アウトラインした際-線の太さか-変わる

スクリーン用に書き出しを利用してSVGを書き出す際の問題

style-tag-angled-apostrophe-issue

スクリーン用に書き出しを利用してSVGを書き出す際、形式の設定の縮小をチェックすると内部CSSのIDに利用出来ないキャラクタが含まれるために正常にブラウザ等でCSSを読めずにレンダリングが正常に行われない。
これ、「z」がつかわれるべきところで「`」が入っちゃう為にCSSが正常に拾えないという問題です。

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45066853-svg-export-style-tag-angled-apostrophe-issue

 

グラデーションをかけたオブジェクトのsvgファイルのアセット書き出し

スクリーン用に書き出しのSVG設定にて「縮小」をチェックした場合、オブジェクトタグのプロパティから直接styleとリンクするclassが欠落するためにグラデーションが表示されないといった問題を引き起こします。

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45016504-グラデーションをかけたオブジェクトのsvgファイルのアセット書き出し

このようにスクリーン用に書き出しのSVG圧縮メソッドには複数の問題が存在するために利用には注意が必要です。また、曲線を単純化するアルゴリズムも品質が悪い(特に小さなオブジェクトは影響が大きく出ます)ように思いますので、場合によっては非圧縮で書き出したうえで他のツールを利用した方が安全だったりします。
ということで、SVG書き出しの際にはご注意を。

 

以下、のものはわたしが要らん事書くより投稿内容を確認していただいた方が良い代物です。是非リンク先を確認いただき投稿していただきたいと思います。

 

和文組版の横組み文字列中の文字回転

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/44502582-和文組版の横組み文字列中の文字回転

 

optical-kerning-issue-in-some-japanese-fonts

https://illustrator.uservoice.com/forums/601447-illustrator-desktop-bugs/suggestions/45187273-optical-kerning-issue-in-some-japanese-fonts

 

という事で、今回はIllustratorの問題点についてでした。とりあえず、運用で回避できるものはしっかり避けていただくのが得策です。そのうえで、改善を期待しつつ投票していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。